自転車の後ろにカゴを取り付けた結果、大きくて錆びなくて大満足

ママチャリのカゴ1

うちには、家族が使っている自転車があります。いわゆるママチャリです。

買い物に乗って行ったり、家庭菜園でとれた野菜を知り合いの家に持って行ったりと、大活躍しているようです。

ただ、この自転車には、前カゴしか付いていません。カゴが小さいので、大きなものを入れることができません。
また、重いものを入れて自転車に乗ると、ハンドルを取られて危険です。

そこで、自転車の後ろの部分、荷台にカゴを取り付けることにしました。
使っている家族の要望は、「大きくてたくさん入るサイズで錆びないもの」でした。

自転車のカゴを取り付ける

取り付けるカゴは「ブリヂストン スタイリッシュリアバスケット」です。

ママチャリのカゴ2

大きなカゴ。

ママチャリのカゴ3

・上側 取り付けステー(穴が楕円) 2つ
・下側 取り付けステー(穴が円) 2つ
・ネジ 4つ

取り付け説明書があるので、簡単に取り付けられそうです。

取り付けに必要な道具

○ プラスドライバー

カゴを荷台にネジで固定する時に使用します。

取付作業・手順

荷台を上下のステーではさみ込むことで、固定します。

ママチャリのカゴ4

ママチャリのカゴ5

1.カゴのくぼみに、上側 取り付けステーをはめ込みます。
2.カゴの位置を決めます。
3.荷台の下に、下側 取り付けステーを入れ、ネジで止めます。

ママチャリのカゴ6

注意する点

  • ステーには上側用と下側用の2種類あります。穴の形を見て、間違えないようにしましょう。
  • ステーには裏表があります。どちらの面が上か確認しましょう。
  • あまり前の方にカゴを取り付けると、イスに座った時、お尻に当って乗りにくくなります。

ブリヂストン スタイリッシュリアバスケットのレビュー

大きいので荷物がたくさん入る

家族の要望どおり、大きいカゴを荷台に取り付けました。たくさん荷物が入るので、付けて良かったと言っています。網の目が細かいので、ある程度の大きさのものであれば、すり抜けることはありません。乗りにくくならないか少し心配だったけど、そんなこともないようです。

サイズは下のとおりです。
上にいくほど広がってく形です。

高さ 最大26cm 最小21cm
上面:幅 35cmx奥行 45cm
底面:幅 24cmx奥行 35cm

丈夫そう

骨組みのように太くなっている部分があるので、かなり丈夫な感じがします。

しっかり固定できている

上下からはさむだけで、本当に固定できるのか心配でした。取り付けた後、手で揺らしてみたけど、ぐらぐらガタガタすることはありませんでした。

錆びない

材質は樹脂なので、錆びる心配はありません。

反射板が付いているので夜間も安全

夜に自転車で出かけることはないのですが、家に帰る時には18時過ぎになることもあるようです。冬であれば真っ暗です。反射板があれば、車やバイクからも発見されやすく、安全だと思います。

耐久性は使ってみないとわからない

何年壊れずに持つのかは、実際に使ってみないとわかりません。ただ、一流メーカーが、簡単に壊れてしまうようなものを作らないだろうと思っています。

取り付けて1年ほどたちました

1年ほどたったので、簡単にチェックしてみました。カゴの変形やゆがみもなく、荷台にしっかり固定されていました。使っている家族に聞いても、とくに問題はないとのことでした。まだまだ使えそうです。

結論

自転車に荷物をのせることの多い人には、後ろにカゴを取り付けるのがおすすめです。前カゴに重い荷物を入れて運転するより、安全だと思います。荷物もたくさん入ります。

取り付けは、ドライバー1本あればできます。自分で取り付ければ、安くすませることができますよ。

タイトルとURLをコピーしました