水筒に入れちゃダメ!炭酸・スポーツ飲料などが危険な理由とは?

水筒

会社や学校やレジャーに水筒を持っていけば便利ですよね。
いつでも好きな時に、のどの渇きを潤すことができます。
保温・保冷力のある水筒なら、熱い飲み物も冷たい飲み物も温度を保ったまま持ち歩くことができます。

ただ、水筒の中に入れると危険なものもあるんです。
間違った使い方をしたばかりに中毒をおこしてしまった事例もあります。
水筒に入れちゃダメなものを入れると、そんなことが起こるなんて思いもしませんよね。
知らなかった人、知らずに入れていた人に参考にしてもらえたらと思い、まとめてみました。

水筒に入れちゃダメなものとは?

炭酸飲料

水筒に炭酸飲料を入れたいと思っている人は、多いのではないでしょうか?私も炭酸飲料のシュワシュワが好きです。冷たい炭酸飲料がいつでも飲むことができたらと思い、水筒に入れようと思っていました。でも、やめておいたほうがいいです。理由は次のとおりです。

炭酸が抜ける
水筒は、液体の密閉ができるようには考えられていますが、気体の密閉までは考慮されて作られていません。
時間が経つにつれて、炭酸が抜けてしまいます。

フタが開かない
炭酸の影響で水筒の中の圧力が高くなると、フタの構造によっては開かなくなることもあります。

中栓が破損する
水筒の中の圧力で中栓が破損する可能性もあります。破損した破片が当たってケガをするかもしれません。

中身が吹き出す
水筒は持ち歩いている時に揺らされ、フタを開けたとたん中身が吹き出すことがあります。

スポーツ飲料・乳酸飲料・果汁飲料等の酸性度の高いジュースなど

金属でできた水筒に、長時間酸性の飲み物を入れておくと、中の金属が溶け出してくることがあります。
もし飲んでしまうと、吐き気などの中毒を起こしてしまうかもしれません。

金属が溶け出ていた場合、金属っぽい味や苦味を感じるようです。普段と味が違うと感じた場合は、絶対に飲まないようにしましょう。

スポーツ飲料を入れる時は、スポーツタイプのステンレスボトルを使うか、スポーツドリンク専用のプラスチック製水筒が売られているので、それを利用しましょう。
プラスチック製の水筒は、スクイズボトルという名称で呼ばれています。プラスチックでできているので保冷力はありません。しかし、金属が溶け出る心配はありません。

スポーツ飲料を入れても大丈夫な水筒

楽天「水筒 スポーツドリンク対応」レビューの多い順での検索結果ページはこちら!

味噌汁・わかめスープ・つけ麺のつゆ等の塩分の多いもの

水筒は、ステンレスでできているものが多いです。
ステンレスは塩分の多いものを入れておくと、錆びてくることがあります。
すると有害なものが溶け出てくる可能性があります。

水筒の洗い方にも注意が必要!

水筒の中は意外と汚れています。汚れはしっかり落としたいですね。
だけど、金属製のたわしで洗ったり、傷が付くような洗い方は絶対にしてはいけません。
有害なものが溶け出す可能性があるからです。

タイトルとURLをコピーしました