0.1gより軽い0.01gからはかれる安いデジタル精密計量はかりの実力は?

デジタルポケットスケール1
以前から0.1g単位の重さが計量できるはかりが欲しいと思っていました。
家に1台あれば便利だと思いませんか?パンやお菓子作りなどの料理に、釣りの浮きやルーアやジグヘッドなど道具の自作に、塗料を混ぜる時など用途がたくさん考えられます。

でもきっと値段が高いんだろうなとあきらめていました。
ところが、最近ふとネットで調べてみると安い精密計量はかりが売られているじゃないですか。しかも0.01gまではかれるらしい。デジタルポケットスケールとか精密計量器で調べるとたくさん出てきます。

ただ、どこまで正確にはかれるのか不安です。
趣味で使うつもりなのでキッチリ誤差なくという精度までは求めるつもりはありません。
そんなはかりはきっとお高いでしょうし・・・。0.1g未満の誤差でおさまれば十分です。
色々考えてみたのですが、安くて良さそうななものを買ってみることにしました。

デジタルポケットスケール DS-16

付属品等

デジタルポケットスケール2

この青い箱の中に全て入っています。
さっそく開けてみましょう。

デジタルポケットスケール3

  • はかり本体
  • 単4電池2本
  • ソフトケース
  • 取扱説明書

箱の中には上のような物が入っていました。
ソフトケースがあるので、本体に傷が付くのを防ぐことができていいですね。
取扱説明書は、日本語では書かれていないので使い方が分からない人もいるでしょう。
使い方については、下のほうに書いておこうと思います。

はかり本体

【 外観 】

デジタルポケットスケール5

フタを付けた状態。はかりの上部を保護しています。色はつや消しの黒で、ぱっと見安っぽくなくていいですね。

デジタルポケットスケール6

フタは上に持ち上げると開きます。シルバーの外枠にへこみがあるので、そこに指を入れて持ち上げます。
フタは上皿として使用することもできます。

【 サイズ・重さ 】
サイズ:縦116mm 横64mm 高さ17mm
重さ :95.6g

本当にポケットに入るぐらいの大きさなので、持ち運びにも収納にも困りません。

【 電池 】

デジタルポケットスケール4
裏のフタを開けると電池を入れる場所があります。
使用する電池は単4電池2本。

【 数値の見やすさ 】
デジタル表示なので、目を細めて目盛りを見る必要はありません。

使い方

【 TARE 】【 UNIT 】【 PCS 】【 電源 】の4つのボタンを使って操作します。

普通の使い方

1.【 電源 】を押す

表示が00000から0.00になれば準備OK

2.量りたい物をのせる

中心部分にそっと置きます
左上の「g」の点滅が点灯に変われば計量完了

上皿や容器の重さを差し引いて計量

1.【 電源 】を押す

2.上皿や容器をのせ【 TARE 】を押す

表示が0.00になります

3.量りたい物をのせる

追加計量

追加するたびに【 TARE 】を押す

押すたびに表示が0.00になるので追加するたびに押せば追加計量が簡単にできる

個数を数える

全く同じ重さの物を大量に数える時に使う機能
重さにバラつきのあるものは正しく数えられません

1.【 電源 】を押す

2.数えたい物を25個のせる

25個、50個、75個、100個ならどれでもいいです

3.【 PCS 】を3秒間押し続ける

P 25と表示される

4.【 UNIT 】を押してのせた個数を選ぶ

押すたびに25→50→75→100→25…と変わっていきます

5.【 PCS 】を押して個数の決定をする

表示の「P」が消えて設定完了

6.数えたい物をまとめてのせる

個数が表示される

単位の切り替え

【 UNIT 】を押して切り替える

g(グラム) oz(オンス) ozt(トロイオンス) dwt(ペニーウェイト) ct(カラット) tl(テール) gn

正しく量れるように調整

注意
JCSS分銅や基準分銅など、重さを厳格に作られた分銅を持っていない人は、絶対にやらないでください。正しく量れなくなってしまいます。

標高や場所などによっても誤差は出てしまいます。
そこで量る前に調整しておくと誤差を減らすことができます。

準備するもの:500gのJCC分銅 or 基準分銅

1.電源を入れる

2.【 UNIT 】を5秒間押し続ける

CALと表示される
(間違ってこのモードに入ってしまった場合は【 電源 】で戻ってください)

3.【 UNIT 】を押す

500.00と点滅表示される

4.正確な重さの500g分銅をのせる

PASSと表示されれば完了

1円玉を使ってのレビュー

デジタルポケットスケールDS-16は、どれぐらい正確に量れるのか知りたくなりました。でも、手元に0.01gの誤差もない分銅などは持っていません。

そこで、1円玉を5枚使って簡単なテストをしてみました。1円は1gだと言うことは知られていますよね。ただ、使っているうちに削れたり、逆にゴミが付着したりしているはずです。しかも、そもそもどれぐらい正確な重さで作られているのかも分かりません。今回は、はかりと1円玉両方のテストということで・・・。

それでは、さっそくテスト!
1円玉5枚で5gぐらいになるはずです。

デジタルポケットスケール7

4.99gと表示され、テストは満足のいく結果に終わりました。
購入する時は本当に使い物になるのか不安だったけど、これならかなり使えそうですね。

タイトルとURLをコピーしました