畳のカビの除去を人やネコにも安全な方法でやってみた!

畳

素足で畳の上を歩いた時、「ねとっ」とした感触を感じたことはありませんか?何もこぼした覚えがないのに、明らかに湿った感じがするんです。畳を近くでよく見てください。それはカビかもしれません。

近年、日本は「じめじめした日」が増えたような気がします。それが影響してか、畳にカビが生えて困っている人が増えているようです。私の家でも畳にカビが生えました。数十年住んでいて初めてのことです。

どうやってカビを取り除けばいいのか、全く知識がなかったので調べてみました。うちではネコを飼っているので、なるべく安全な方法を知りたかったのです。消毒用アルコールでの除去が安全だということが分かり、実践してみました。時間はかかりましたが、1度処理をしたあと、その年はカビは生えませんでした。

人やネコにもやさしく、キレイにカビを除去することができて、とても満足できました。
私が実際に実践したカビ取りの方法を紹介します。

畳のカビを除去する方法!

準備するもの

  • 消毒用アルコール(エタノール濃度70~80%のもの)
  • スプレーボトル(100円ショップ)
  • 歯ブラシ
  • 小さい容器(歯ブラシに消毒用アルコールを付けるのに使用)
  • ぞうきん
  • マスク
  • ゴム手袋

消毒用アルコールを使用します。エタノール濃度が70~80%の時が最も殺菌力が強いと言われています。ドラッグストアやホームセンターで売られています。除菌スプレーは殺菌力は弱いので、必ず消毒用アルコールを使いましょう。

スプレーで吹きかけるために、スプレーボトルを準備します。もともとスプレー式の容器に入っている場合は、必要ありません。

手順

※ 注意

火気厳禁です。
天気のいい乾燥した日にしましょう。
目立たない所で変色等しないか事前確認しましょう。
作業をする時は、マスク・ゴム手袋を着用しましょう。

1.換気

部屋の窓を全て開けて、風通しをよくしておきます。

2.エタノールの準備

スプレーボトルと小さい容器に消毒用アルコールを入れます。

3.エタノールをスプレー

畳全体に色が変わるぐらいエタノールをスプレーし、乾燥させます。

4.歯ブラシでカビを取り除く

小さい容器に入ったエタノールで歯ブラシを湿らせながら、歯ブラシでカビをすくい取ります。
その時、歯ブラシは畳の目に沿って動かします。
すくい取ったカビは、キッチンペーパーなどにとり、飛散しないようビニール袋に捨てます。
容器のエタノールが汚れたら、こまめに交換しましょう。

5.エタノールをスプレーしながら乾拭き

エタノールを軽くスプレーしながら、畳の目にそって乾拭きします。

6.換気

十分畳を乾燥させましょう。

タイトルとURLをコピーしました