透明できれいな色の爪を手に入れる方法!

指先

爪は意外と見られています。

友達や付き合っている人と話をしている時、意外と目に入るのが爪です。
手を口元に持っていった時、手で何かを表現した時、何気なくテーブルに手を置いている時。
ふと目に入った爪が、ボロボロだったり汚かったら凄く印象が悪くなります。
きれいな爪をしている人を見ると、それだけで魅力的な人に感じます。

特に接客業をしている人であれば、見られている可能性はかなり高いです。
対面した席に座り店員さんと話をする時、ずっと相手の顔を見ていますか?そんなことはありませんよね。
店員さんは、パンフレットを指さして説明をすることが多いのです。
その時、自然と目に入ってくるのが指先であり、爪なのです。

最近では、爪をきれいにしている営業マンも増えています。
相手に与える印象が大きいので、営業成績にも影響が大きいと考えられているからです。

爪をきれいにして、恋に仕事にと、いい印象を与える人になりましょう!

きれいな爪にするために!

爪への栄養足りていますか?

爪に筋が入っていたり、段差ができている場合、栄養不足が考えられます。
見た目もよくないし、体の健康のためにも普段の食事をみなおしてみましょう。
次のものが爪の健康に関係している栄養素と食べ物です。

【 タンパク質 】
爪を構成している主な成分です。
肉・魚・卵・大豆など

【 ビタミンB2、B6 】
タンパク質を分解してアミノ酸にしたり、健康な皮膚や髪や爪などを作る。
レバー・豚肉・いかなご・うなぎ・納豆・にんにく・まぐろ・かつお・いわし・鮭など

【 ビタミンC 】
コラーゲンの生成を助けます。
ピーマン・アセロラ・レモン・柿・キウイフルーツ・ゴーヤ・きんかんなど

【 亜鉛 】
皮膚の新陳代謝をよくする働きがあります。
牡蠣・レバー・うなぎ・たらこなど

血行をよくする

血行をよくすることで、栄養を行き渡らせ、健康な爪が作られる環境を整えましょう。
一番簡単な方法は、お風呂に入ることです。
足湯や手湯でも大丈夫です。

温めたあと、保湿成分の含まれたクリームやオイルなどを塗り、指をマッサージをしましょう。
血行がよくなると同時に、乾燥を防いでくれます。
特に、爪の付け根の部分を重点的にするといいでしょう。

爪を切るのはお風呂のあとで!

乾燥している状態で爪を切ると、パリッと意図しない場所で割れてしまい深爪をしてしまうことがあります。
また、二枚爪といって、爪の先の上の部分が薄く剥がれるといったことにもなりやすいのです。

そうならないために、お風呂のあとに爪を切るようにしましょう。
爪が水分を含み、弾力をもった状態になっているはずです。
この状態で爪を切れば、爪が割れるといったことを減らすことができます。

きれいな爪をめざすのであれば、爪の切り方にも気を配りたいですね。

タイトルとURLをコピーしました