日焼け止めは塗り直しが必要というけど、その頻度は?

日焼け止めクリーム

紫外線対策として、まず思いつくのは日焼け止めではないでしょうか。
塗るだけで日焼け止め効果があるので、すごく便利ですよね。
利用している女性は多いと思います。

しかし、正しい使い方をしないと、本来の機能を発揮できないことがあるんです。
実は、日焼け止めは、出かける前に塗ればOKというものではありません。
塗り直しが必要になってきます。

塗り直しが必要な理由とは?

なぜ、日焼け止めは塗り直しが必要になってくるのかというと、
皮脂や汗などで日焼け止めが流れ落ちてしまうからなんです。

たとえ、日陰や室内にいることが多くても、人は常に微量の皮脂や汗を出し続けています。
それは体温調節や皮膚を乾燥から守るためです。
もちろん、全てが落ちてしまうわけではありませんが、確実に日焼け止めとしての効果は落ちてしまいます。

そんな状態で紫外線を浴びると、日焼けをしてしまうかもしれません。
そうならないためにも、日焼け止めの塗り直しを行い、本来の性能を復活させる必要があるんです。
きっと数年後には、していない人との違いが出てくるのではと思います。

2~3時間での塗り直しがおすすめ!

その日の気温や、どこにいて何をしているかによって、皮脂や汗の出かたは違ってきます。
汗をかいていなと思っていても、自然にかく汗で日焼け止めが落ちていることもあります。

なので、何時間ごとというタイミングで塗り直すのがおすすめです。
その間隔は2~3時間ごとがいいとされています。

少し面倒に感じるかもしれませんが、皮膚の老化がすすまないように実践するようにしましょう。

日焼け止めの塗り方

日焼け止めには効果的な塗り方というのがあります。
それは、スキンケアの上に日焼け止めクリームを塗り、化粧をするというものです。
つまり、化粧水・乳液を塗った上に日焼け止めクリームを塗ります。

ただ、この方法はとても時間がかかります。
塗り直しのたびに、ここまで手をかけるのは不可能です。
出かける前の塗り方として実践するのがいいと思います。

塗り直し方

  1. 油とり紙やティッシュで、肌の皮脂や汗を軽くふき取ります。
  2. 日焼け止めクリームをパフに日焼け止めクリームをとり、顔全体に塗ります。
  3. ファンデーションをぬります。

もしくは

  1. 油とり紙やティッシュで、肌の皮脂や汗を軽くふき取ります。
  2. UVカットのファンデーションを塗ります。

この方法であれば、仕事場での休憩中にでもできるのではないでしょうか。

他の日焼け対策も併用しよう!

日焼け止めクリームだけでは、日焼け対策としては不十分です。
帽子やサングラス、日傘などを併用するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました