楽天Edyの受け取りのためコンビニ(ファミリーマート)に行ってきた!

Edyカード

楽天ポイントがたまったので、楽天Edyに交換しました。
楽天では、「ポイントからのチャージ」と呼ばれています。

実際にEdyへの交換を完了するには、受け取りの作業が必要です。

今回の受け取り作業は、ファミリーマートに設置してある端末「Famiポート」でやってみました。

Edyの受け取りについて

まずは、Edyの受け取りについて簡単に調べてみました。

受け取りが必要になる時

  • ポイントやマイルからの交換
  • キャンペーンなどでプレゼント

上のようのことは、Edyを受け取ることができるサービス「楽天Edyギフト」を使って行われます。
楽天Edyの受け取り操作をすることで、自分のEdyとすることができます。

受け取り期限

Edyギフトには個別の受け取り期限があります。
有効期限を過ぎると受け取りができなくなります。

受け取り方法

受け取り方法は複数あります。
自分の環境に合った受け取り方法を選びましょう。

加盟店で受け取る

  • サークルK・サンクス…Kステーション
  • ファミリーマート…Famiポート
  • 空港等…ANA国内線自動チェックイン機

それぞれの場所に設置してある端末で操作します。

楽天Edyアプリ

NFC機能が搭載されたAndroidスマホなどで利用できます。

パソコン

楽天EdyリーダーまたはFeliCaポート/パソリがあれば、パソコンで作業ができます。

楽天スーパーポイントからのチャージについて、現在パソコンによるEdy Viewerからの受け取り操作は利用できなくなっています。他の方法で受け取る必要があります。

ポイントサイト等からのEdyへの交換については、Edy Viewerからの操作で受け取ることができています。

(2019.2.19確認)

ファミリーマートのFamiポートでのEdy受け取り操作

いよいよ、実査にファミリーマートに行ってEdyの受け取りをやってみます。

【 注意 】AM4~6時のうちの30分間はFamiポートのメンテナンスのため使用できません。

TOP画面

famiポート1

これがFamiポートのTOP画面です。
この中から、「楽天Edy」を見つけてタッチします。

サービスの選択

famiポート2

「Edyを受け取る」をタッチします。

Edyカード・おサイフケータイをセットする

famiポート3

「Edyカード・おサイフケータイを読み取り部にセットしてください。」と表示されます。

famiポート4

読み取り部は、「ICカード」と書かれた白い部分です。
穴があいてるので中に入れるのかと思うかもしれませんが、ここをふさぐようにします。

受け取るEdyを選択

famiポート5

受取可能なものが表示されます。
この中から受け取りたいものを選択して「OK」をタッチします。
受け取り後の残高が50,000円以上の場合は選択できません。
(上の画面はまだ選択していないので、OKが表示されていません。)

内容の確認

famiポート6

「現在の残高・受け取り金額・受け取り後の残高」が表示されます。
内容を確認して、これでよければ「OK」をタッチします。

通信中

通信中は、Edyカード・おサイフケータイを動かなさいようにします。

完了

famiポート7

「OK」をタッチしたら、受け取り完了です。

実際にやってみた感想

最初は少し緊張しながらFamiポートの前に行きました。
でも、操作自体はとても簡単で、あっという間に終わりました。

所要時間は1~2分といったところです。

ただ、何かついでがあればいいけれど、Edy受け取りのためだけにファミリーマートまで行くのは面倒だなと思いました。

タイトルとURLをコピーしました