トラクターのタイヤの 指定空気圧・空気圧チェック・空気入れ作業

トラクター1

田んぼを耕そうと、トラクターを持ち出したこの日、あることが気になりました。
「そういえば、一度もタイヤの空気圧をチェックしたことがない。」

たまに、タイヤを押して確認してみることもあったのですが、自動車と違いタイヤが固くてよくわかりませんでした。結局、放置して今にいたっています。

空気圧不足で使い続けていると、タイヤの寿命を縮めてしまったり事故の原因になったりします。

時間もあることだし、空気圧のチェックをすることにしました。

トラクターのタイヤの指定空気圧を調べる

取扱説明書で確認

タイヤの指定空気圧は、取扱説明書に記載されています。

トラクター4

家のトラクターの型式を見てみると、
(前輪) 2.0 (後輪) 1.6 kg/m2 …??

ネットでいろんなサイトを見てみると、kgf/cm2という単位が使われていたので、もしかしたら記載ミスなのかもしれません。

さらに最近では、kPa(キロパスカル)という単位が一般的なようです。
kgf/cm2を約100倍するとkPaになります。

これが家のトラクターの指定空気圧

   (前輪) 200kPa (後輪) 160kPa

タイヤの側面でも確認

タイヤの側面、細長い丸の枠の中を見ると、200と160の数字があるのがわかります。
細かい文字は、すり減って読み取れないが、200kPaと160kPaだろうと予想できます。

タイヤの空気圧をチェックする

トラクター2

空気を入れる前に、現在の空気圧を調べてみます。
エアゲージという道具を使用。
普段、自動車のタイヤの空気圧を見るのに使っているものです。

計測結果がこれ。

   (左前)40kPa (右前)55kPa
   (左後)75kPa (右後)70kPa

少し空気が抜けているというレベルではありません。指定空気圧の20%しか入ってない場所も…。
この数値が、数年間タイヤの空気圧調整をしてこなかった現実。

続けてタイヤに空気を入れる作業に取りかかります。

トラクターのタイヤに空気を入れる

トラクター3

自動車に使用しているフットポンプ(足踏みの空気入れ)を使用します。
フットポンプに付いてる空気圧計はあてになりません。
そのため、空気を入れたあと、先程使用したエアゲージを見て確認します。

エアゲージが少し高めの数値が出ること、空気が徐々に抜けていくことを考慮し、今回は少し高めの数値に調整しました。

   (前輪) 220kPa (後輪) 180kPa

以上で、作業は終了です。

作業後思ったこと

空気入れは、足で踏めばいいので楽にできます。ただ今回は、あまりにも空気が抜け過ぎていました。1つのタイヤに、350回以上踏まなければいけないこともあり、ちょっと大変でした。

タイヤのためにも、安全のためにも、作業を楽にするためにも、タイヤの空気圧調整はこまめにやるべきですね。

タイトルとURLをコピーしました