車の窓の曇りをとる方法と、曇りにくくする対策とは?

曇りガラス

車を運転していると、窓が曇ってくることがありますよね。

特に寒い時や、雨の降っている時。
最初は少し曇ってきたかなという感じだったのが、一気に前が見えなくなるほど真っ白に視界を奪われます。
そうならないために、窓の曇りに気付いた時点で早めに対策すればいいのです。

ただ、車に乗り始めて間もない人や、めったに運転しない人はどうすればいいのか知らない人も多いようです。
先日、友達の運転で出かけた時にフロントガラスが曇り始めたんです。
すると友達は助手席にいる私にタオルを渡して「早く拭いて!」と少しパニックぎみに言ったんです。
私が「窓が曇る時はこうすればいいよ」って教えてあげると感動していました。
そこで、車の窓が曇ってきた時にどうすればいいのかをまとめてみました。

窓の曇りをとる方法

1.基本

  • エアコンをONにする
  • 暖房にする
  • 窓に当てる
  • 外気導入にする

結論から言えば、上のことをすれば車の窓の曇りはとれます。
タオルで曇りをとるようなことはしなくていいんです。
運転中にそんなことしてたら危ないし、拭いてもすぐまた曇ると思います。

2.夏

  • エアコンをONにする
  • 冷房にする
  • 外気導入にする

「夏に暖房を入れるのはキツイなぁ」と思う時は、冷房にしてもほとんどの場合は大丈夫だと思います。
暖房にしたほうが効果が高いということです。だから、急いで曇りをとりたい時は暖房にしましょう。
窓が冷やされて白く曇ってくることがあるので、窓には当てないようにしましょう。
もしこれで曇るようなら1の方法に切り替えましょう。

3.冬

  • 暖房にする
  • 窓に当てる
  • 外気導入にする

冬の寒い時期であれば、エアコンをONにしなくても暖房にするだけで曇りがとれる場合があります。
エアコンを入れることで、燃費が悪くなるのを気にする人は試してもいいかもしれません。
もしこれで曇るようなら1の方法に切り替えましょう。燃費よりも安全のほうが大切ですよね。

なぜこれで曇りがとれるのか?

上の方法でしていることはこれです。

  • 空気中の水分を取り除く
  • ガラスを温める

エアコンをかけると湿度が下がります。
空気中の水分を減らせば曇りにくくなるということは簡単にわかりますよね。

では、ガラスを温めるのはなぜなのか?
ガラスが曇るのは、外と車内の温度差がある時なんです。
空気は温かい時は水分を多く蓄えることができますが、冷えると少ししか水分を蓄えることができなくなります。
車内の温かい空気が、外の冷たい空気で冷やされたガラスに当たると急激に冷やされます。
すると今まで蓄えていた水分を抱えきれなくなります。
その余った水分がガラスに付着して曇りとなって現れるのです。
グラスに氷水を入れると、白く曇ったり水滴が付いたりするのと同じ現象です。
それを防ぐためにガラスを温めているのです。

曇りにくくする対策

とにかくガラスをキレイにする

ガラスが汚れていると曇りやすくなります。普段からガラスをきれいにしておきましょう。
これが一番の対策だったりします。

ただ、キレイにふき上げるのは結構むずかしいですよね。
汚れを伸ばしたみたいにスジになって、夜見づらくなることもあります。

そこで、いろんなタオルを買って試した結果、見つけてしまいました。
驚くほどキレイに汚れを落とすことができるタオルを!
洗剤を使わずに、汚れが落ちちゃいます。

よろしければ、一度購入してお試しあれ!

☆ 今まで試した中で一番のお気に入りタオルはこれです ☆
楽天「あっちこっちふきん M」での検索結果ページはこちら!

濡れた物には注意

フロアマットや傘が湿っていると曇りやすくなります。濡れているものは曇りの原因になります。
フロアマットは仕方ないにしても、傘や濡れている物はビニール袋に入れておくなりして、家に帰ったら車からおろして乾燥しておきましょう。

曇り止めスプレーを使用する

曇り止めスプレーなどを使用する。効果のある物もあるようですが、ガラスをきれいにしておけば十分かなと思っています。気になる人は使ってみてはいかかでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました