缶コーヒーの温め方(電子レンジ・湯煎)&注意点

缶コーヒー

コンビニや自動販売機で買ったホットの缶コーヒー。
冷えた体を温めるのに助かりますよね。

手が冷たくなってる時には、カイロ代わりに使ったりできて便利です。
ただ、飲もうと思った時には冷たくなってしまって・・・。
仕方なく、家に持ち帰ることありますよね。

持ち帰った缶コーヒー。
冷たいままでは飲みたくありません。

そこで、どうやって缶コーヒーを温め直せばいいのか、調べてみました。
調べていく中で、間違った温め方をすると、とても危険だということも分かりました。
正しい安全な方法で温めるようにしましょう。

缶コーヒーを箱でまとめ買いする人にも参考になると思います。

缶コーヒーを温める方法

電子レンジ

電子レンジにかけても大丈夫な容器にうつして温めます。

ただし、温め過ぎてはいけません。
振動などの刺激が加わると、中身が天井まで吹き上がる「突沸」という現象が起こる可能性があるからです。
顔面に大やけどを負った人もいるようです。
温め過ぎてしまった場合、電子レンジの中で1~2分冷ましてから取り出すようにしましょう。

【 缶のまま電子レンジにかけるのは危険 】

缶コーヒーを、そのまま電子レンジで温めてはいけません。
そもそも、金属を電子レンジにかけるのはダメだからです。
なぜダメかというと、次のような事が考えられるからです。

  • 金属に反射した電磁波で電子レンジが壊れる
  • 火花が出て火災

缶コーヒーを電子レンジにかけることは、危険だということが分かってもらえたと思います。

湯煎

缶のまま、お湯で温める方法です。
手順は下のとおりです。

  1. 鍋に缶コーヒーがつかるぐらい水を入れ沸騰させる
  2. 火を止め、缶コーヒーを入れ鍋にフタをする
  3. 5~10分で完了

水の状態から缶コーヒーを入れ、沸騰させるという人もいますがおすすめしません。
「火にかけたまま忘れてしまった結果、缶コーヒーが破裂して天井を突き破った」という話をたまに聞くからです。

【 直火での加熱はしてはいけません 】

ストーブの上に置いて温めるなど、直火で温めるのは危険です。
缶の破裂や、開けた時に吹き出す恐れがあるからです。

缶ウォーマー

コンビニに置いてある中身の見える箱型の装置です。
ずっと温かい状態で置いておくことができます。

オフィスなどでは、常に温かい状態にしておける缶ウォーマーが人気のようです。

☆ 現在楽天で人気のある(レビューの多い)缶ウォーマーはこれ! ☆

楽天「缶ウォーマー」レビューの多い順での検索結果ページはこちら!

金額的には個人でも買えちゃいますね。
自分の部屋にも欲しいなと思いました。

その他

ポットの中に缶ごと入れて、沸騰もしくは保温で温めるという人もいます。
しかし、ポット本来の使い方ではないので、ポットが壊れたり危険だったり、衛生面で心配だったりします。

タイトルとURLをコピーしました