パサパサ髪は紫外線のせい?正しい対策とケアを!

日傘

夏になると、外に出る機会が多くなりますよね。
海やプール、キャンプに登山などのアウトドアも楽しい季節です。

そして夏が終わるころ、ふと髪をさわると「ごわごわ」している感触に驚くことがありませんか?
もしかすると、髪が紫外線でダメージを受けたのが原因かもしれません。

髪も日焼けをする?

髪も肌と同じで、紫外線の影響を受けて日焼けをします。日焼けし過ぎた肌の場合は、黒くなったりシミやシワの原因になったりします。では髪の場合はどうでしょう?

紫外線を浴びすぎた髪の症状は?

☆ 髪の色が赤茶っぽく退色する
紫外線の影響により、髪の色素であるメラニンが分解されてしまいます。すると髪の先端や全体が、茶色や赤茶っぽい色になってしまいます。サーファーの人達の髪の色が、茶色っぽくなっているのはこのためです。

☆ 枝毛、切れ毛、裂け毛、ごわごわする(ダメージヘア)
紫外線を浴びると、髪の表面にあるキューティクルが剥がれ始めます。すると、髪のツヤが無くなり、さわるとパサパサ・ごわごわした感じになります。また、髪を洗った時などに、キューティクルの剥がれた部分から、脂質やタンパク質が流れ出てしまいます。その結果、髪の乾燥が進み、みずみずしさや柔軟性が失われてしまいます。

髪の紫外線対策

  • 日傘をさす
  • 帽子をかぶる
  • UVカット効果のあるトリートメントを使う

髪を紫外線から守るためには、日傘や帽子が有効です。日傘は、黒や紺などの濃い色で紫外線カット率の高いものを選びましょう。帽子はツバの広いのがいいです。スプレータイプのUVカット効果のあるトリートメントを、髪に吹きかけて出かけるようにしましょう。

【 海やプール 】
海水や塩素の入ったプールの水で、髪は傷みやすい状態になっています。そんな状態で紫外線を浴びてしまうと、ダメージは大きくなってしまいます。できるだけ早く、シャワーで洗い流すようにしましょう。

ごわごわになった髪のケア

すでに傷んでしまった部分の髪を、もとの状態に戻すのは難しいと言われています。もちろん根本からは綺麗な髪が生えてきますが、それが伸びきるまで放置するわけにはいきません。傷んでしまった部分は、さらに乾燥が進むおそれがあるからです。ダメージヘア用のシャンプー・リンス・トリートメントなどで、傷んだ髪をケアしてあげましょう。

まとめ

それほど外出していないつもりでも、通勤・通学・ショッピングなど、日常生活のちょっとした外出なら誰にでもあることです。1回で見れば、浴びる紫外線の量は少ないので問題はないでしょう。しかし、積み重なればダメージが現れることもあると言われています。また、紫外線はガラスを通り抜けるので、窓際や車の中でも油断できません。こういうことは、肌の日焼けで気をつけることと同じですよね。
一度ダメージが現れると、あとが大変です。髪にも紫外線対策を忘れないように気を付けたいですね。

タイトルとURLをコピーしました